めまいは病気のシグナルかも|検査や治療を早めに行なおう

耳

メニエール病と対策

男女

メニエール病の広がり

めまいに悩まされ、原因に思い当たらない場合、病院に行こうと考えるようになります。多くの場合には耳鼻科に行きつくことになり、そこで治療を行なうのが一般的でしょう。慢性的にめまいに悩まされている場合には、メニエール病であることが多いからです。メニエール病は、耳の内部のリンパ水腫が原因とされ、水腫によって慢性的なめまいや吐き気、難聴といった症状を発症します。メニエール病の患者には器質的変化を伴わない人も多く、ストレスが原因の一つとしてあげられています。近年の社会では、ストレス社会と呼ばれるほど、ストレスが溢れているといわれています。そのため、ストレスが原因でメニエール病になる可能性が高まると考えられるのです。

治療とサプリメント

病院の耳鼻科におけるメニエールの治療では抗めまい薬によって対症療法を行うとともに、溜まってしまっているリンパ液を排出するために利尿剤が用いられるのが一般的です。これによってめまいが改善される人も多いものの、それと同時に原因対策を行っていくことも必要になります。ストレスが原因であったとしてもそれ以外の要因であったとしても、リンパ水腫ができてしまうような体質を生んでしまったのが、メニエール病の原因です。その体質改善のためにサプリメントを利用すると根本的な改善を目指すことができるでしょう。病院でのメニエール病の治療には、ビタミン剤を処方してくれるケースがあります。ビタミン剤には、聴力の回復効果のあるビタミンB群が含有されていることがあります。日頃からサプリメントを摂取している場合は、そのサプリメントが治療の妨げにならないよう、きちんと病院の医師に飲んでいるサプリメントの申告を行なうようにしましょう。