めまいは病気のシグナルかも|検査や治療を早めに行なおう

耳

他の症状への留意

部屋

症状で推察する原因

めまいがつらいと感じたら、自分に他の症状がないかということに注意しなければなりません。それによって原因がある程度推察できるようになり、それからするべき対処を考えることができるからです。めまいが原因で病院にいって、原因が特定できずに様々な診療科を行き来することになってしまわないようにするためには原因を推察して診療科を選ぶことが大切です。めまいで病院に行く際に候補となることが多いのは耳鼻科であり、もし耳に少しでも支障を感じていたら迷わず選ぶべきでしょう。耳閉感があったり、片耳だけよく聞こえないという印象を受けたり、耳の奥でざわざわとした音を感じたりしたら耳が原因でめまいが起きていると考えてまず間違いありません。

耳が原因でないケース

めまいの原因は中枢から末梢まで複雑な影響を受けることが多く、病院でもどの診療科に患者を送るかということでしばしば頭を悩ませることになります。その中でも最も症状からわかりやすいのが耳が原因のめまいであり、三半規管に何らかの支障が出ているということから生じています。リンパ水腫によって生じるメニエール病もあれば、感染症によって炎症が起こったことが原因でめまいになることもあります。こういった形で耳が原因であるということがわからないとなかなか原因特定が難しいのが現状です。しかし、めまいが引き起こされるメカニズムも徐々に理解が進んできていることから、近い将来には病院に行けばすぐに適切な診療科を受診できる状況ができあがるでしょう。